くま笹 口臭防止隊

スポンサードリンク


くま笹

口臭予防にくま笹茶やエキスが効果があるようです。くま笹(学名:Sasa veitchii var.veitchii)は、温帯から亜熱帯にかけて生息する笹の一種で、日本でも家の周りなどに自生する身近な植物です。くま笹は、隈笹が正しいようですが、熊笹の表記が多く見られます。



くま笹には、クマザサ多糖体が含まれていて、これを一般的にはバンフォリン(Banfolin)と呼んでいます。クマザサ多糖体は五単糖と呼ばれる単糖のアラビノースとキシロースとの結合体である多糖体のアラビノキシランであり、一般的に私達が口にする糖類は六単糖であることから非常に特異な多糖類といえます。



くま笹の糖類には多糖体であるアラビノキシランの他に、単糖類であるアラビノースやウロン酸、グルコース、マンノース等が存在します。クマザサ多糖体は構造多糖体に分類され、我々の活動に必要なエネルギーとしての貯蔵多糖体(グリコーゲンや澱粉等)とは異なる働きをします。



くま笹が持つクマザサ多糖体は、人間の細胞膜と、とても馴染みがよく、傷つきかけた細胞膜と結合して、元通りの細胞膜に修復する力を持っています。つまり、クマザサ多糖体には細胞膜保護物質の強化及び再活性化、修復、並びに細胞膜を安定化する作用があり、細胞自体の健康を促す作用があるとされていて、活性型多糖体とも呼ばれています。



くま笹は、クマザサ多糖体や殺菌作用があるアンソッコウ酸、そして、ビタミンKなどを含むことで抗菌作用、抗炎症作用、免疫力を高めて雑菌の増殖を抑制する作用があるとされ、口臭の原因となる虫歯、歯槽膿漏(歯周病)や胃炎、胃潰瘍などの予防、改善作用を期待できることで口臭予防に効果があると考えられます。



また、くま笹のクマザサ多糖体は、抗腫瘍作用があることから、がんに対しての効果や重症急性呼吸器症候群(SARS)などに対する免疫賦活剤としての効果が期待されています。そのほかにも、くま笹には、蛋白質、葉緑素、カルシウム、ビタミン類などの栄養素をバランスよく含んでいます。さらに、強心作用のあるフラボン誘導体などの有効成分は若葉のときに一番含まれているとされています。



これらにより、くま笹は、口臭予防以外にも、糖尿病、高血圧、口内炎、便秘、胃腸病などに効果があるとか、抗癌作用や、美肌効果が期待できるといわれています。

クマザサ 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



☆口臭を消す27の魔法のテクニック
【決定版口臭解消マニュアル 5分で息さわやか】


☆口臭撃退マニュアル


☆【口臭解消】7日間口臭改善プログラム


☆『口臭消しゴム』
3日で口臭が消えた!!それは妻と始めたダイエットの効果でした…口臭??ダイエット??


               ☆口臭撃退マニュアル(製本版)





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。