クロロフィル 口臭防止隊

スポンサードリンク


クロロフィル

クロロフィルが口臭に対する消臭効果があるとしてガムなどに広く使用されています。口臭の消臭に効果がある、クロロフィルとは、植物に含まれる緑色の色素の葉緑素のことです。



クロロフィルは、植物が太陽の光エネルギーを吸収することで光合成を行ったり、植物の呼吸や成長などの代謝機能を行うために欠かせない重要な栄養素です。ほうれん草や小松菜などの緑黄色野菜、スピルリナやワカメといった海藻類に多く含まれています。



クロロフィルを利用するにあたっては、天然成分そのものと人工的になんらかの加工をされたものとがあります。天然のクロロフィルは、一旦植物から取り出すと光や空気中の酸素に侵され非常に変性し易く天然のままの形では抽出の難しい成分です。



口臭の消臭剤として使用されることの多いのは、人工的に加工されたクロロフィルであり、銅クロロフィリンナトリウム(CuクロロフィルNa)や鉄クロロフィリンナトリウム(FeクロロフィルNa)などがあります。



これらは、天然のクロロフィルを銅や鉄の化合物のクロロフィリンとすることで光や酸素に侵されにくい安定した物質として抽出したもので、しかも、比較的安価に製造することが出来ることで幅広く利用されています。



口臭の消臭に使用されるクロロフィルの誘導体であるクロロフィリンは、緑色の着色料としての分類になるのですが、その薬理作用は、細胞や組織に活力を与える賦活作用や、求心性治癒現象、細菌の繁殖を阻止する作用、脂質の酸化を抑える作用、脱臭作用が認められています。



クロロフィリンが口臭抑制に対して効果を発揮するのは、口臭原因物質として、揮発性硫化物である硫化水素(H2S)、メチルメルカプタン(CH3SH)、ジメチルサルファイド((CH3)2S)が知られています。



それに対して、クロロフィリン(クロロフィル)には蚤白分解過程におけるSH基との結合作用があり、メチルメルカプタン(CH3SH)や硫化水素(H2S)に対する物理的・化学的吸着反応によって脱臭効果をもたらされると推定できます。

クロロフィル 含有製品 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



☆口臭を消す27の魔法のテクニック
【決定版口臭解消マニュアル 5分で息さわやか】


☆口臭撃退マニュアル


☆【口臭解消】7日間口臭改善プログラム


☆『口臭消しゴム』
3日で口臭が消えた!!それは妻と始めたダイエットの効果でした…口臭??ダイエット??


               ☆口臭撃退マニュアル(製本版)





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。