ココア 口臭防止隊

スポンサードリンク


ココア

ココアが口臭予防に効果があるといわれています。ココアに含まれるポリフェノールの抗菌効果により口臭の原因となる歯周病菌を退治することで歯周病が原因の口臭を予防するとされています。



ココアは、歯周病の主要な菌のうち、ジンジバリス菌(P. gingivalis)、フゾバクテリウム菌( F. nucleatum)、インターメディア菌( P. intermedia)に対して抗菌効果があることが報告されています。



しかも、口腔内の常在菌に対しては大きな影響を与えることなく、これら歯周病関連菌に対してのみ菌数低減効果のあることが確認されています。ココアは、からだにやさしい抗菌物質といえます。



口臭の主な原因は、口腔内の細菌が産生する揮発性硫黄化合物と言われています。そこで、口臭の原因物質と考えられる呼気中の硫化水素、メチルメルカプタンおよびジメチルサルファイド濃度を測定した研究結果があります。



それによると、ココアの飲用前に比較し、2週間飲用後は呼気に含まれるこれら3種類の揮発性硫黄化合物の量が減少し口臭低減効果が認められたとされています。しかし、残念なことに、ココア飲用を中止するとその後口臭の強さが元に戻ることも明らかになっています。



紅茶にも口臭予防効果があるようですが、その効果はココアの四分の一であったとも報告にはあるようです。ココアでも紅茶でも飲用するには甘味料が欠かせないところです。しかし、虫歯が心配なところでもあります。



そこで虫歯になりにくいとされる甘味料ですが、キシリトール、アスパルテーム、ステビア、パラチノース、オリゴ糖、サッカリン、マルチトール、エリスリトールなどが知られています。



ココアで口臭予防効果を得るには、8gのココアを溶かした100mlのココアを毎食後1杯飲用し、飲用後一時間は、ハミガキやうがいを避けるのがオススメなようです。



ところで、ココアのポリフェノールには、有害な活性酸素が体内の細胞などを傷つけることを防ぐ抗酸化作用もあります。そして、血液をサラサラにして指先などの末端部の血液循環を改善する作用もあります。同時に全身の代謝を高め、脂肪分解酵素の働きを阻害して、脂肪の体内への吸収を抑制するダイエット効果も期待できます。



さらに、ココアには、胃潰瘍の原因のひとつであるピロリ菌や食中毒の原因菌の活動を抑えるとされるオレイン酸やリノール酸などの遊離不飽和脂肪酸と、便通を改善するなど整腸効果が期待される食物繊維も含まれています。



ココアに、このような胃腸への効果を期待する場合には、胃に何も入っていない空腹時、朝の起きがけに1杯飲むのが効果的とされています。

ココア 最新一覧 By 楽天
タグ:ココア

スポンサードリンク



☆口臭を消す27の魔法のテクニック
【決定版口臭解消マニュアル 5分で息さわやか】


☆口臭撃退マニュアル


☆【口臭解消】7日間口臭改善プログラム


☆『口臭消しゴム』
3日で口臭が消えた!!それは妻と始めたダイエットの効果でした…口臭??ダイエット??


               ☆口臭撃退マニュアル(製本版)





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。